FXブログ@勝つべくして勝つ!

トレードで利益を出すことは簡単ではないけれど、案外、単純なことだったりします。あなたのトレード力が伸びるきっかけになるよう、普段のトレード以外にもトレードに役立つノウハウや考え方を紹介しています。

FXで絶対に勝てない人の特徴

FXで勝てるようになるということは、当たり前ですが「勝てる考え方」を身に着ける必要があります。


どんなトレードルールを使うにしても考え方の部分が根本的に間違っていた場合、まず確実にトレードで勝てるようにはなりません。

ちょっとFXから離れて車の運転を例に「勝てる考え方」について話をしていきます。


雪道を運転していてカーブに差し掛かったものの、車が滑り始めてしまった。そんな時にどうすれば車のコントロールできるのか?

曲がりたい方向へ車を曲げようとしてハンドルを切ってしまうと、車は逆にドンドン滑ってしまいます。
進行方向に対して左に曲がるカーブだった場合、滑り始めた時に左方向へハンドルを切ってしまうと、車は余計に滑ってしまい、反対車線に飛び出してしまいます。

 

カーブで滑ってしまったときは、滑った方向にハンドルを切るのが正解です。左カーブで滑り始めた時はハンドルを右側に切るわけです。


常識的な感覚を持っていたら滑っている方向にハンドルを向けるなんて言うのは、信じられないのはもちろん、恐怖だって感じるはずです。


でも現実としては、滑った方向にハンドルを切る(カウンターをあてる)ことで車のコントロールを取り戻すことができます。
カウンターを当てることによって結果として車の滑りを打ち消すことができるわけです。

 

この話を聞いてもおそらく

「理屈はわかるけれど感情的に受け入れがたい。」

そんな感覚をあなたも持っているんじゃないかと思います。

頭ではわかっていても体が動かない、そんな感覚じゃないかと思います。

 

FXの「勝てる考え方」というのもまさにこの例がぴったりと当てはまります。

トレードルールという「理屈」はわかっていても、感情的な部分で理屈をしっかり守ることができるのか?が重要です。

 

例えば、

「ルールではトレードすべき場面じゃないけど、、、、この場面はなんだか勝てそうな気がするからトレードしたい。。。!!」

こんな衝動をしっかり抑え込まなければいけないわけです。

 

「勝てる考え方」を身に着けるには、感情をコントロールするというよりは、ルールに従うことが良い結果につながるんだっていうことを、心の底から受け止めなければいけません。


逆に言うと、感覚に任せた適当なトレードをしていたら負け続けるだけなんだっていうことを腑に落とす必要があります。

本当の意味でルールを身に着けるにあたって、感情的な部分がどうしても邪魔してきます。
ただ感情が邪魔するのは人間ならば誰にでも起きるものです。なぜならば、私たちの脳の仕組み的に

「最初に感情的に判断して、その後に理屈を付け加える」

ようになっているからです。

 

ちなみに、この仕組み自体は決して悪いわけじゃないものの、FXで勝てないうちは感情部分がそもそも間違っているわけですから、感情を抜きにして理屈だけでとにかく考える必要があります。感情を抜きにして理屈だけで考えるようにしてみて、理屈でトレードした経験をどんどん積み重ねていくと、自然と感情的な判断部分も改善されていきます。