FXブログ@勝つべくして勝つ!

トレードで利益を出すことは簡単ではないけれど、案外、単純なことだったりします。あなたのトレード力が伸びるきっかけになるよう、普段のトレード以外にもトレードに役立つノウハウや考え方を紹介しています。

移動平均線や水平線にキレイに反応・反発することは少ない

僕もよく、「MA反発からのエントリー!」みたいに移動平均線に値動きが反応して反発する動きを利用します。抵抗線(レジスタンスライン・サポートラインやトレンドライン)でも同じく、値動きが反発するのが確認できたら、それをエントリーの根拠として使うことがよくあります。

 

ライントレードをする場合には、この反発という現象をうまく利用していく必要があるんですが、誰にでもわかりやすくきれいに反発することは、そんなにたくさん起きるものではありません。どちらかというと、判断に迷ってしまうような形の方がずっとずっと多いのが相場です。

 

僕個人的な感覚としては、

長めのひげだけラインとクロスしていて、実体はラインとクロスしていない状態。
さらに 短い実体のローソク足が出来上がった。

こんな状態が見られたときにはラインに対して値動きが反発したんじゃないか?そんな風に感じます。いわゆるピンバーと言われるものです。

 

ただ、他にも、

 

・実体で抜けてきたものの、次のローソク足では同じくらいの実体の長さのローソク足を付けて値を戻してきた

・実体の小さなローソク足がライン付近でごにょごにょするようになった

 

こんな時にもラインに対して値動きが反応し、反発する可能性が高まっているんじゃ?という風に感じたりもします。

 

ローソク足一本できれいに反応してくればわかりやすいわけですが、そんなにトレードしやすい状態はなかなか出てきてくれるものではありません。

最初のうちは、きれいに反応している場面だけでトレードして、まずは勝つ感覚を養うことも重要です。けれども、トレードでまとまった利益を出すためには、もう少し判断条件を緩めて、よりいろんなパターンの反発も拾えるようにならないといけません。

 

反発したと確信が持てる値動きは、自分の頭の中に「反発しやすい値動きパターン」みたいなものを蓄えていくしかありません。トレンドが出ている最中の押し目・戻りの形や、レンジ上限・下限でのローソク足の反発の流れなどを丁寧に調べていき、「こんな形の場合には反転しやすいぞ!」という反発パターンをぜひ自分の中で広げていくようにしてください。