FXブログ@勝つべくして勝つ!

トレードで利益を出すことは簡単ではないけれど、案外、単純なことだったりします。あなたのトレード力が伸びるきっかけになるよう、普段のトレード以外にもトレードに役立つノウハウや考え方を紹介しています。

FXではロットは安易に上げず、資金の増加率X3割前後を目安に増やす。

相場に勝てるようになると、最初のうちはなんだか、無敵になったような気がします

怖いものなしになって、トレードすれば勝てる。そんな自信がうなぎ上りになっていきます。

 

それまで減る一方だった口座残高がにわかに増え始め、トレードで生活するのも夢じゃない!そんなことが現実に近づいてくるわけですが、ただ生活出来るレベルで稼ぐにはやはり、ある程度のロット数でトレードしなきゃいけません。

 

誰だって勝てないうちは、少なめのロット数でトレードしているはずで、おそらくは1万通貨単位前後くらいでトレードしているんじゃないかと思います。
10万通貨単位でトレードすると確かに、月間で300pipsも獲得すれば、単純計算で30万円くらいの利益になるので、生活出来るレベルに達します。

 

月間300pipsも決して非現実的な目標ではないので、実現できそうに感じてしまうのですが、安易にロットを上げることで、トレードのリズムが途端に乱れる危険があります。

 

それまでは良い勝率で勝っていたのに、ロット数を上げたら全然勝てなくなってしまった。

 

そんな話は、現実としてあり得るし、どちらかというとよく起きます

 

ロット数を上げると当然ですが、1pips動いたときの損益もそれだけ大きくなります。

1万通貨単位ならば1pipsで100円前後が動くわけですが、10万通貨になると1pipsで1000円動くことになります。


この値幅の違いに目を奪われてしまい、少なからず気が動転してしまった結果、それまでのようなトレードができなくなってしまった。そんな状態に陥る人が少なくありません。

 

ごく普通の人間の思考回路では、利益よりも損失の方にずっと敏感に反応します。仮に100円もらう時の感情の動きを「10」としたら、100円失ったときの感情の動きは「20」と約2倍になります。


人間は損失に対して非常に敏感な反応を示すわけですが、ロット数を上げたら、エントリーした時点で含み損をいつもより大きく抱えた状態からスタートするわけじゃないですか?


今までよりも大きな金額の含み損を目にした状態でトレードしなきゃいけないので、この時点で嫌でも感情が揺さぶられます

 

ここからさらに、値動きが思惑通りにはいかずに、どんどん含み損が大きくなってしまったら?精神的苦痛が今までよりもずっと大きくなっているはずですから、本来ならば損切りすべきところで判断を遅らせてしまう可能性があります。


潔く損切りできたとしても、損失の大きさにやはり感情が揺さぶられてしまい、次のトレード判断を冷静にできなくなっている可能性があります。

 

こういった悪循環が積み重なってしまうため、トレードではロット数を安易に上げるべきではありません。できるだけ安全にロット数を上げようと思うのであれば、

 

資金が2倍になった時点でロット数を1.2~1.5倍程度

に上げるくらいが良いです。

 

資金が倍々で増えていくにしたがって、徐々にロット数を増やしていくのが、できるだけ安全にリターンを増やしていく道筋となります。