FXブログ@勝つべくして勝つ!

トレードで利益を出すことは簡単ではないけれど、案外、単純なことだったりします。あなたのトレード力が伸びるきっかけになるよう、普段のトレード以外にもトレードに役立つノウハウや考え方を紹介しています。

環境認識の入門書

値動きを抽象化する

チャートを初めてみた時には、本当に規則性なんかあるのか?と、あなたも感じたはずです。ただ実際には、チャートには特徴的なパターン(波形)がいくつも見られます。

 

最初のうちは、ローソク足チャートだとちょっと認識するのが難しいかもしれませんが、値動きを少し抽象化させてジグザグのラインにして考えていくことで、どこでトレードすると勝ちやすいのか?と言うのが見えてきます。

f:id:ruleoffx:20151016121753p:plain

f:id:ruleoffx:20151016121802p:plain

f:id:ruleoffx:20151016121822p:plain

 

相場にはトレンドがある(上昇・下落・レンジ)

トレードするにあたって、絶対に覚えておかなければいけないことがいくつかありますが、そのうちの一つがトレンドです。トレンドとは、直近の値動きがこの先も続く可能性が高い、という意味になります。

 

たとえば、直近の相場が上昇していたのであればこの先も上昇する可能性が高くなります。逆に下落していたのであればこれからも下落する可能性が高くなります。

 

上昇も下落もせず、一定の値幅を上下に行ったり来たりする場合もあります。レンジ相場と言われる状態ですが、この場合にもやはりこの先も同じ値幅で行ったり来たりする可能性が高くなります。

f:id:ruleoffx:20151016122435p:plain


有利かつ安全なトレードポイントはどこなのか?

相場にはトレンドがあるということを踏まえて、では、どこでトレードすると良いのか?と言うのを考えてみます。トレードする際に優位性があると言えるのはどんなところなのか?と言うと、

 

・勝つ可能性が高い
・仮に負けた時に損失が小さくて済む
・できるだけ大きな利益を見込める

 

この3点を満たしたポイントが、優位性の高いトレードポイントと言えます。

 

具体的に上昇トレンドを描いている場合に、優位性が高いと言えるポイントはどこか?を考えてみます。すると、値動きが一時的に下落していて、また上昇方向に切り返すタイミングで買い注文すると優位性が高いと言えそうです。なぜならば、

 

・直近の相場が上昇しているなら、この先も上昇し続ける勝つ可能性が高いはず
・仮に負けた時にも、切り返したところの頂点のちょっと先で損切りすればよいので、損失が小さくて済む
・次の最高値を確認するまで利を伸ばせるので、できるだけ大きな利益を見込める

 

こんな感じで3つの条件をすべて満たしているからです。

f:id:ruleoffx:20151013104908p:plain

 

上昇トレンド中に、一時的に下落している値動きが再度、上昇方向に切り返すタイミングを狙う手法のことを押し目買いと言います。逆に、下落トレンドの場合には戻り売りを仕掛けることになります。

 

レンジ相場の場合に、優位性が高いと言えるポイントを考えると、レンジ上限・下限から値動きが切り返すタイミングになります。

 

・直近の相場がレンジなら、この先もレンジが続き、レンジ下限・上限で切り返す可能性が高いはず
・仮に負けた時にも、レンジ上限・下限のちょっと先で損切りすればよいので、損失が小さくて済む
・レンジの反対側まで利を伸ばせるので、できるだけ大きな利益を見込める

 

f:id:ruleoffx:20151016122748p:plain


長期トレンドと短期トレンドを融合させる

相場には、各時間軸によってトレンドが異なります。たとえば日足で見ると上昇トレンドを形成しているけれど、1時間足チャートで見てみるとレンジになっていたり下落トレンドになっていることがあります。

 

上昇トレンドからの押し目買いを狙う場合、より短い時間足でチャートを見ていたら、実は下落トレンドを形成していたりするものです。押し目買いをしているのは間違いないけれど、結果として短期足でトレンドが転換するタイミングを狙う形になるケース(下落トレンドが上昇トレンドへと反転するケース)も良くあります。

 

ruleoffx.hatenablog.com

 

水平線を引いて可能性の高いところを探る

優位性の高いトレードをするためには、値動きが切り返すタイミングを見極めることが最大のポイントになります。このタイミングをとらえるのが難しいからこそ、トレードではなかなか勝てない人がたくさんいます。

 

切り返した!と思っても、もう1段・2段と値を伸ばしてからようやく切り返すことはよくあります。逆に、ここまで値を伸ばして切り返し始めたらトレードしようと思ったら、それよりも浅い水準で切り返してしまうこともよくあります。

 

f:id:ruleoffx:20151016123235p:plain

 

では、値動きが切り返すタイミングをどのように見つけたらよいのか?と言うと、水平線というものを利用します。相場にはトレンドがあるという重要な特徴がありますが、それに加えて過去の高値・安値に反応して値動きが反転しやすいという重要な特徴もあります。

 

例えば、過去に110.50円とかで値動きが反転したという事実がある場合、将来もその水準で値動きが反転する可能性が高いことを示します。

 

チャートを見て水平線を適度に引き、実際に水平線まで値動きがやってきた時に、どんな風にトレードすべきか?と言うのを考えることが、トレードで勝つためには必須になります。「このラインに反発するだろうから、値動きとラインがタッチしたらトレードしよう」みたいに、予想ベースで考えるのではなくて、あくまでもラインに到達した後の反応を見て、トレード方法を考えるのが勝てるトレーダーの思考回路になります。

 

ruleoffx.hatenablog.com

 


水平線の反応を見極めるためにダウ理論などの原理原則を適用させる

ラインに対して値動きがどのように反応するのか?は事前に予測することはできません。

 

けれども「可能性」に関しては、ある程度の分析が成り立ちます。相場にはダウ理論やトレンドラインといったテクニカル分析の手法が存在します。こういったツールを駆使すると、そのラインに対して反発する可能性が高いのか?貫く可能性の方が高いのか?と言うのを、ある程度は把握することができます。

 

こうやって相場環境を見極めることが環境認識と呼ばれる作業にあたります。環境認識をしてあらかじめ勝ちやすいトレードができるポイントを絞り込んでおいた上で、実際にそのポイントに値動きがやってくるのを待つ。そして、自分が想定した値動きとなり、各トレード手法のエントリー条件を満たしたらマーケットに飛び込んでいくことになります。